あつまれどうぶつの森

【あつ森】国際ミュージアムデーの期間は博物館でスタンプラリーが開催されるぞ!

期間はとっくに過ぎたけどな!w

ただ期間は長いので来年挑戦してみるといいかもね。

期間は5月18日から5月31日までの2週間です!

 

国際ミュージアムデーのスタンプラリー

博物館でフータに声をかけるとスタンプラリーに参加することができます。

スタンプラリーってとても楽しい、って記憶が何故か蘇りましたw

シール集めでもいいけど…あのコンプリートしている感がたまらないんだよなあ!

 

ふむふむ、なるほどね…。

博物館って妙に敷居が高い気がするからね、それを親しき施設にする日…と言う認識でいいかな?

 

そんなスタンプラリーは各部屋内に3つずつスタンプ台があるみたいで、それを押していくということですね。

コンプリートしたら記念品が貰えるんだって!

これは参加するしかないでしょう!

 

スタンプ台はこんな感じです。

Aボタンを押すとスタンプを押すことができます。

ちょっとした解説付きで楽しめるかも?

ちなみにその場所で何も展示されていない場合は「ここはこれから展示予定です」みたいなコメントが出てきます。

そうです、この島の博物館はあまり展示物が多いわけではないw

化石だけコンプリートしているけどね。

 

そしてスタンプが押されます。

1つ目を押したら2つ目以降はある程度予想できるね。

まあ1つ目が全然見つからないってパターンもあるけどw

 

そんな感じで無事にスタンプをすべて押すことに成功しました!

博物館広くてなかなか大変だったぜ…!

それにかなり久しぶりに博物館を堪能出来て楽しかったかな?

とび森の時も博物館めぐりしていたけどね。

ニンテンドースイッチだからグラフィックがすごく綺麗になっているんだよなーこれが。

 

スタンプはこんな感じでした!

プレイヤーがスタンプ押すのが上手で感心したよw

俺が押したら沢山ずれて大変なことになるからね。

右下はフータがチェック用に押すスペースですね。

 

このスタンプラリーは期間内は毎日開催されます。

貰える報酬は一緒だけど、すでにクリアしていても再度参加できるようです。

日によってスタンプ台の位置が変わるので、それを楽しむのもありかも?

ちなみに美術品の部屋はスタンプ台が変わる要素がそんなになかったと言うねw

 

おまけ:リアーナのお話

これで終わるのもちょっとアレなので次回の記事の主役でもあるリアーナのお話をちょっとしようと思います。

 

地元でのウワサ

リアーナが地元に帰ったときの話をしてくれました。

地元がどこか謎ではあるけど…リアーナに関するすごいうわさが流れていたようです。

特に田舎だと噂が回るスピードがすごいらしい…!

 

マジか、無人島にいる巨大生物と対決するためにと言う噂が回っているみたいですw

いやいや、流石にそれはいくらリアーナだからってないよ!

確かリアーナは無人島移住パッケージで一緒に参加した仲だから…いやでももしかしたら巨大生物と戦うために参加した説も…?

でもあの時のリアーナはかなり無人島を舐めているような格好だったので、普通に無人島に引っ越すくらいのノリだったと思うけどなw

リアーナは地元でもおしゃれ番長として名を轟かせていたんだろうな…!

 

夢でミリオン小説家になる

リアーナがミリオンセラー小説家になった夢を見たようです。

「不思議な島のウマ」と言うタイトルね…。

この島の事なのかな?

まあリアーナではなくシュバルツの話ってこともあるかもしれないけどw

俺もサイン会は憧れなので気持ちは分かるなー!

俺もバンドで客が沢山いるステージの上で演奏をした夢を見たときは最高だったよ!

 

一応楽しく過ごしています

と言うわけで、国際ミュージアムデーの記事でした!

博物館コンプリートしたくなったけど、きっと2年目から本気出すって感じなんだろうなw

あつ森はかなりスローペースで遊んでいるので、ハピパラに手を出すのは何年後になるのか分かりません。

俺の場合はハピ森を去年の夏まで遊んでいたからね、テーマとかも依然と変わらないみたいなのでかなり間が空く可能性があります…その時をお楽しみに!

赤根谷
ちなみにこの写真はクロベエと撮ろうとしたら他2人が写りこんだやつだよw

 

以上、みなみかん島からお送りしました!

次の記事もすぐに投稿予定だよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!
1日1クリックで応援してくれると嬉しいなり!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-あつまれどうぶつの森
-, , , , ,

Copyright© 中二病堕天使の†空想書斎† , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.