日記

あと60年もどうやって生きていったらいいですか?

どうも赤根谷です。

仕事続かない系ブロガーとして大人気です(そうでもないけど。)

最近また仕事を辞めることになって「これからも人生長いのにどうやって生きようか…」って悩んでいます。

正直これ以上生きてもいいことなんてないのではないかと思っています。

 

色々人生諦めた

幼少期の傷が一生消えない

幼少期の記憶や経験って消そうと思っても消えないですよね。

嫌なことだけ覚えているとかたまにフラッシュバックして生まれたことに後悔するとか色々困っています。

昔俺に関わった人は俺のことなんて誰も覚えていないのにね。

幼少期は発達障害が発覚されていなく普通の人として育てられたのですが、その普通と言うのが俺の中でかなり苦痛でその時から生きるのが辛かったです。

同年代の人からも大人からも問題児として見られ、本人は超真面目に生きているつもりなのに何が悪いのかもわからずに生きていました。

自分の中で結論が出て「生きているのが悪いんだ」って思って本当もう悪循環でしたねw

真面目に生きてもふざけて生きても怒られるからね。

何も知らない純粋な幼少期がずっとそんな環境だったので未だに染みついて取れません。

 

家から抜け出しても生き辛さは変わらない

所謂俺の家は毒家族って言うやつで通常の家で味わえる愛情やら常識やらを養える空間が異常だったわけですよ。

その上に俺の特性も異常だったわけで、生まれてから干支が2周したところで「このままだと自分がダメになる」と思って夜逃げのごとく逃げました。

それから独り暮らしで何とか生きていますが、あの時の環境よりはいくらかマシになりました。

だけどどこか生き辛さがあって、特に人間関係がうまくいかないですね。

色々な場所に顔を出して仲良くなろうと頑張ったけど、全然上手くいかずに疎外感を味わうことになりました。

 

もう1つあって、家出してからは年に1回住民票や戸籍の附票の閲覧制限の手続きをしています。

俺が見つかったら怖いからね。

俺さ、今年度三十路になるのに養育者に見つかるのが怖いって本当酷いと思うんだよね。

それに被害者側がこう苦労して毎年どこかで休み取って時間作って数時間かけて手続するって本当大変で、加害者側はのうのうと生きている。

その現状に疲れ切っているところはあります。

疲れるなら手続き辞めてしまえ、って思うかもしれませんが…そんなことをしたら俺が見つかって今度こそゲームオーバーになるのでそれは出来ません。

 

発達障害だと発覚したところでねえ…

1年前に俺が発達障害だと発覚しましたが、発覚したからと言って現状が変わるわけではないので正直微妙です。

正直生きにくさが少しは生きやすくはなったのかな?と言うか肩の荷は下りたけど、だから何だって感じです。

発達障害だと分かってから人間関係にかなり消極的になりましたね、本当。

恋愛も結婚も無理だし、友達なんて作れません。

と言うか職場でまともに話したことも無い人から自席にゴミを置かれると言う嫌がらせをされるくらいだからねw

俺はそれが原因で仕事を辞めることになりました。

そいつ妻子がいるはずなんですけどねえ…家族がそんなことをされたときの事とか考えることは出来ないのでしょうか…。

そんなわけで俺は無自覚で人に不快感を与えるのが得意な人種なんですよ。

何が悪いのか分からないので治しようもありません。

人生詰んでいます。

 

俺は一生幸せになれないと思う

【茶番】今後の人生は金運に全振りするようです

この前茶番記事にも書いたけど、正直お金さえあればいいと思っています。

愛情とか人気とか割とどうでもいいです。

昔から人から嫌がられていたしうまくコミュニケーションが出来ないし顔も典型的な発達障害顔なので恋人いない歴=年齢です。

10代とか20代前半だったらそれでも全然問題ないのですが、もう四捨五入したら30です。

婚活とかでも30歳を超えたらかなり不利になると言うのに今までこんな感じだったので、これからいきなりモテるなんてことは出来ません。

たまにアラフォーを超えてから結婚できる人はいるけど、そういう人は元々魅力はあったんですよ、だけど今まで縁がなかっただけ。

俺には才能も実力も魅力も何もないのでそんな人がモテるわけ、ないですよね?

なのでそういう意味で幸せになることはもう諦めました。

でも生きていくのにお金は必要なので生きている間だけは金運が欲しいです。

正直もう人生終わってもいいですけどね。

 

ラストチャンスである27クラブに入れなかった

27クラブ(英: The 27 Club、トゥエンティセブンクラブ、にじゅうななクラブ)は、27歳で死亡したポピュラー音楽のミュージシャン、アーティスト、俳優の一覧である。薬物乱用とアルコール依存症、殺人、自殺、交通事故など暴力的な手段によって死亡していることが多い。1969年から1971年の間に数人の人気ミュージシャンが死亡したことにより、死はこの年齢でよく起こるという信念に繋がった。統計学的研究では、25歳や32歳と比較しても、この年齢での死亡者の異常なパターンを発見することは出来なかった。2011年のBMJの調査では、ヤングアダルトミュージシャンの死亡率は他のヤングアダルトのそれより高いという結果が出たが、「名声はミュージシャンの死亡リスクを高めるかも知れないが、このリスクは27歳に限定されない」と結論付けている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/27%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96

主に天才的な音楽人が27歳で様々な要因で死を遂げています。

でも俺は27歳で死ねなかった、なので俺は音楽人ではあるけど天才ではなかったってことだねw

どうせ俺は音楽的な意味では凡人ですよーだ!

 

だけどね、俺が27歳の時は仕事が2回クビになったり変な病気に何回かなっていたのでもしかしたら27クラブに入っていた可能性はあります。

本当俺は自殺に2回失敗していることもあって死にたくてもなかなか死ねない体質なのだと思います。

もう生きる気力なんてないからどうにかしたいところではあります。

もしかしたら永遠の14歳とか言っているから27歳になれなかった説はある、これを機に永遠の27歳に変えようかなw

 

生きる気力はないけど自殺はしません

さっきも書いた通り今まで2回自殺をしてすべて未遂に終わっています。

二度あることは三度あると言うので次も絶対失敗するに決まっています。

あと自殺失敗した時のリスク=後遺症が怖いのですよ。

1度目は執行途中で大人が発見して止められたからかすり傷くらいで済んだけど、2度目の睡眠薬ODでは基礎体力と感情が大幅に削られてしまいました。

なので普通に日常を過ごすのも苦労しています。

だから自殺はしないけど逃げ道はない、そんな感じです。

楽しいことを沢山するというのもなかなか難しいです、そんな体力ありません。

 

残念ながら長寿の家系だから

そんなわけで俺の残りの人生どうしようかと言う話でした。

俺はこの通り不健康ですが、残念ながら長寿の家系(当たり前のように100歳超える人とかいる)なので寿命だけは長いと思います。

仮に寿命が90歳だとして、残り60年もどうやって生きればいいんだよ…。

生きるの辛いよ…。

ご長寿早押しクイズのオファー来たらどうしよう…絶対受けないけど。

とりあえずいつ寿命が尽きてもいいように生前整理だけはきちんとしておきます。

と言ってもそんなに残すものはないけどね。

赤根谷
寿命と引き換えに青春が欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一生孤独でいいから財は欲しい…。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中!
1日1クリックで応援してくれると嬉しいなり!


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • この記事を書いた人

赤根谷薫

永遠の14歳・ADHD・堕天使・社会不適合者… 色々と痛いけど頑張って生きてるよw

-日記
-, , ,

Copyright© 中二病堕天使の†空想書斎† , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.